借地権費用・更新料

借地権承諾料を地主に支払う際の金額の相場・目安とは?

 借地権契約を行った後に、契約内容に記載されている内容を変更しなければいけないケース。
 例えば、土地への造作などを行うなどの必要性が出てきた場合は、地主に承諾を受けなければいけない。
 この承諾を得る際に不動産の世界では承諾料という金額が発生する慣習があることをご存知だろうか?

承諾料の相場一覧表

☆古い慣習だが現在も残っている

 借地権契約を設定した際に、「契約書に記載している内容から変更を希望する場合」は、当然地主に対して変更希望の申請をし、承諾を得る事が必要となる。

 尚、賃借人はこの条件の変更を行う際に地主に承諾料を支払う慣習がある。

 以下に承諾に必用となる承諾料、及び承諾料の相場をまとめたので確認しておこう。

【承諾料の相場一覧表】
承諾料の種類 相場
立て替え承諾料 更地価格の2~3%程度
条件変更承諾料 更地価格の10%程度
名義書換料 更地価格の10%程度

承諾料は必要な費用か?

 承諾料の相場一覧表を見ても分かる通り意外と承諾料は高額である。

 当然この承諾料は借地借家法などの法律で定められているものではない。

 そのため地主が必要ないと言うのであれば当然支払う義務もないことになる。

 しかし、土地を貸している地主としては、更新の際の立場が弱い点なども踏まえて、例えば
●建て替えなどで建物が新しくなるほど契約を解除できる可能性が減少する
 という現実的問題点があげられる。

 地主も長期契約になるほどにリスクも高まる点を踏まえると、これら承諾料は慣習として必用となる費用と考えても良いだろう。

▽ MENU ▽
  • 借地権とは?契約の種類と旧法の廃止の歴史
  • 旧法借地権の効力はいつまで更新しても有効か?
  • 賃借人がいる場合の更新の権利・特約条項が無効になるケース
  • 借地権更新料の相場は何パーセントくらい?
  • 借地権承諾料を地主に支払う際の金額の相場・目安とは?
  • 旧法借地権と新法借地権の存続期間・年数の解説
  • 事業用借地権とは?急速に普及した事業用借地権の利点・欠点