床暖房の費用

比較してみよう!床暖房の設置費用の相場

 一昔前は床暖房を設置している住宅はそれほど多くはなかったが、近年は新たに建設される住宅の多くが床暖房設備を備え付けている。
 では、既存の住宅に新たに床暖房設備を設置する場合の工事にかかる費用はどの程度かかるのだろうか?

温水式床暖房の初期工事費用

 温水式床暖房は古くからある床暖房方式のひとつで広い範囲で適用できる為、今でも人気は高い。

 温水式床暖房の代表はやはり「ガス式」の床暖房設備。

 そしてランニングコストの安い「灯油式」の床暖房設備である。

 この温水式床暖房の設置費用は既存の住宅に新たに設置する場合は、「ガス工事」「配管工事」「ボイラー工事」「床材の張替え工事」など設置するために複数の工事が必要となる。

 またリフォームによる工事期間もやや長く初期費用は職人さんの人件費も当然かかることからやや高額になる傾向にある。

 設置費用という初期コスト面だけを見ると温水式床暖房の初期工事費用は高いと言えるだろう。

電気式は初期コストが安い?

 ガスや灯油を利用する温水式床暖房に対して電気式の床暖房の設置費用はどうだろうか?

 電気式床暖房設備は主に蓄熱式と非蓄熱式に分類されるが、どちらの方式であっても設置にかかる工事費用はガス式などと比較すると安価になる傾向がある。

 また「ボイラー工事」「配管工事」の必要もなくリフォーム工事にかかる工期に関しても圧倒的に短く人件費も抑えられる。

 床暖房の設置費用を比較した場合、温水式と電気式では電気式床暖房に軍配があがりそうだ。

※Point!設置費用は電気式に軍配

エコキュートの導入費用はまだまだ高額

 ガス式や灯油式の床暖房設備の設置費用と、電気式床暖房設備の設置費用を比較すると平均的には電気式の方が設置にかかる初期コストは安い。

 しかし、ヒートポンプを利用し電気代の安い夜間電力を使用して温水を作りタンクに溜め込んでおくエコキュート。

 このエコキュートのシェアは急速に伸びてきているがこちらの工事費用はやや高い。

 またエコキュートに関してはヒートポンプとお湯を溜める貯湯タンクの設備費用が高額である為初期コストは格段に高額になる。

 オール電化住宅などの人気もありエコ市場が急成長を見せる中、エコキュート製品のコスト争いが激しくなればもう少し製品価格が落ち着いてくるとも思うが現状はやはりまだまだ高額商品である。

▽ MENU ▽
  • 比較してみよう!床暖房の設置費用の相場
  • エコキュートの光熱費はどのくらい?
  • 灯油代はどのくらい?灯油式床暖房のメリット・デメリット
  • 電気代はどっちが高いの?エアコンVS電気式床暖房のランニングコスト対決
  • 床暖房を後付けで設置する場合のリフォーム費用の目安
  • 蓄熱式床暖房の2つのデメリット
  • 遠赤外線の床暖房は暖かくない?ランニングコストに優れるタイル式の特徴をチェック
  • ランニングコストを節約しかつ暖かい室温を保つ組み合わせとは?