床暖房の費用

遠赤外線の床暖房は暖かくない?ランニングコストに優れるタイル式の特徴をチェック

 セラミック系の建築資材を原料としたタイル張りの床暖房。
 また大理石を加工しタイル状にカットして敷き詰める床暖房に人気が集まっている。
 この両者の特徴は共に遠赤外線を発することで人体を暖める床暖房設備であると言う点。
 コストパフォーマンスも良く、しっかり温まると言われている遠赤外線床暖房の効果は果たして本当に効果があるのだろうか?


答え:確かに効果はある

 床暖房の特徴のひとつに床面から徐々に室内を暖めると言う特徴がある。

 エアコンの場合は、送風で一気に空気を暖めながら室内全体の空気を巡らせることで室温を徐々に上げていく。

 対して床暖房は、床下に組み込まれた電源やパイプ内の液体が温められることでゆっくりと室温を高めていく。

 エアコンは立ち上がりが早いというメリットがあるが暖かい空気は上方へ上がっていくと言う特徴がある為、室内を均等に、また人体を全体的に暖めるには不向きで、特に足元が冷えたままになることが多い。

 床暖房は逆にゆっくりと下方から温まる為、常時足元はぽかぽかしているというメリットがある。

タイル式の遠赤外線を発する床暖房

 床暖房の安定した足元にまで渡る暖かさという特徴に加えて近年人気を高めつつあるタイプがタイル式の遠赤外線を発する床暖房。

 遠赤外線に関連する暖房器具や衣類は非常に多く製品化されているが、これは床暖房設備においても同様。

 遠赤外線の最大のメリットは、周りの空気が極端に暖かくなる必要がなく、人体を直接遠赤外線効果で暖めていくと言う特徴があげられる。

 その為、室温がそこまであがらなくても体感は暖かく感じ、また足元だけが冷えるような影響の与え方をしない為、やはり総合的には「暖かい」という体感は強い。

コストパフォーマンスは高い

 遠赤外線だから床暖房のランニングコストが安くなると言うことはない。

 但し、温度設定が低くても「体感」として暖かいと感じる為、従来の電気式床暖房などと比べると温度設定を上げすぎることもなく結果として電気代が安く抑えられるということは十分に考えられる。

※Point!ランニングコストは結果的に安くなる可能性を持つことは事実

 遠赤外線のタイルを敷き詰める床暖房は設置費用が高くなる為、初期費用は高くなるが、総合的なコストパフォーマンスは高いと言えそうだ。

▽ MENU ▽
  • 比較してみよう!床暖房の設置費用の相場
  • エコキュートの光熱費はどのくらい?
  • 灯油代はどのくらい?灯油式床暖房のメリット・デメリット
  • 電気代はどっちが高いの?エアコンVS電気式床暖房のランニングコスト対決
  • 床暖房を後付けで設置する場合のリフォーム費用の目安
  • 蓄熱式床暖房の2つのデメリット
  • 遠赤外線の床暖房は暖かくない?ランニングコストに優れるタイル式の特徴をチェック
  • ランニングコストを節約しかつ暖かい室温を保つ組み合わせとは?