登記費用

▽ 登記費用の解説 ▽

 ▽ 登記費用をチェックしよう! ▽ 
 住宅の購入手続きや不動産売買、法人設立の際などに発生する登記費用。
 登記の種類や登記に実際にかかる費用はどの程度なのだろうか?

 一口に登記と言ってもその種類は非常に多く初心者の方には少しわかりづらい部分が多い。

 中でも不動産や建築に関わる登記関連の種類は多く、マイホームの購入を検討している場合は、必ず複数の登記を行うことになる。

 土地を購入した場合は「土地の所有権」に関わる登記、建物を建築した場合は建築物の表示登記や保存登記。

 また多くの方が住宅を購入する場合は住宅ローンを組むが、「住宅ローン」を組む際にも幾つかの登記書類が関係してくる。

 実際に登記に関わる手続きを行うのは司法書士や土地家屋調査士が大半だが、これらの書類は自分で手続きを行うことができるものも実は多い。

 法的な書類である為、専門知識をもつ方に依頼して手続きを行ってもらうのが安心だが、どのような目的の登記でありその報酬はどの程度が相場であるのかを知っておくことは重要である。

 ここでは不動産関連の登記に関わる費用についてチェックしてみよう。

▽ MENU ▽
  • 住宅を増築した場合の登記費用はいくら?
  • 不動産物件オーナーが住所変更した場合の登記費用は?
  • 不動産売買にかかる登記費用の相場一覧