抵当権設定費用

▽ 抵当権設定費用の解説 ▽

 ▽ 抵当権設定にかかるコストをチェックしよう! ▽ 
 不動産の売買を行う場面において住宅ローンを利用するケースは非常に多いもの。
 この際に、対象となる戸建て住宅やマンションなどの不動産物件に抵当権を設定する。
 この抵当権設定を行う際にかかる費用はいったいどの程度かかるのだろうか?

 一生のうちで最も高額なお買い物であるとされるマイホームの購入。

 人によっては数億のプライベートジェット機やプライベートクルーザーなどを購入する方もいるかもしれない。

 しかしやはり、私個人的には住宅の購入が最も高いお買い物。

 そして人生で2番目に高いであろうお買い物と言えばおそらく自動車である。

 そんな私のような方もおそらく大半であると思いたいが、ここではこの不動産物件を購入する際に多くの方が利用する「住宅ローン」を組む際に行われる抵当権設定の流れについて触れてみる。

 抵当権の設定では抵当権設定登記と呼ばれる手続きが必要。

 ここでは抵当権設定に関連のある各種手続きの際に発生する経費や必要書類、また必要経費の項目についてひとつずつチェックしてみよう。

▽ MENU ▽
  • 抵当権設定とは担保物件を確保した上で融資を行う制度のこと
  • 抵当権設定にかかる必要経費は大きく分類すると2種類の項目に分類される
  • 必要書類は権利証・印鑑証明賞証・司法書士への委任状の3種類が必要
  • 住宅ローンで借入れを行うケース際の抵当権設定登記の計算方法
  • 軽減措置の期限と適用条件及び軽減税率の解説
  • 家屋の軽減措置の適用を受ける場合の必要書類と取得費
  • 設定登記・抹消登記の費用負担者は債権者?それとも債務者?
  • オンライン申請による登録免許税の計算例