借地権費用・更新料

事業用借地権とは?急速に普及した事業用借地権の利点・欠点

 個人ではなく法人などが借主となる場合は事業用借地権契約という独特の契約形態が存在する。
 事業用借地権契約の場合は、通常の個人間の契約よりも期間が短い点が大きな特徴となる。
 これら様々な条件の中から、貸主、借主双方がベストとなる契約形態を検討することが重要である。

(続きを読む…)

旧法借地権と新法借地権の存続期間・年数の解説

 借地権の契約は一回の契約でいったい何年間契約することになるのだろうか?
 ここでは借地権の契約年数を新法借地権と旧法借地権にわけて確認する。

(続きを読む…)

借地権承諾料を地主に支払う際の金額の相場・目安とは?

 借地権契約を行った後に、契約内容に記載されている内容を変更しなければいけないケース。
 例えば、土地への造作などを行うなどの必要性が出てきた場合は、地主に承諾を受けなければいけない。
 この承諾を得る際に不動産の世界では承諾料という金額が発生する慣習があることをご存知だろうか?

(続きを読む…)

借地権更新料の相場は何パーセントくらい?

 賃貸物件などの契約の場合は、2年契約で更新時には更新料が○ヶ月分かかります。などの記載がなされている。
 例えば、通常の貸家の賃貸契約の場合、更新料は「家賃の1ヶ月程度」というある程度の暗黙の相場が設定されている。
 では、借地権契約の際の更新料の相場はどの程度になっているのだろうか?
 ここでは実際に更新にかかる費用や更新料の相場についてチェックしてみよう。

(続きを読む…)

賃借人がいる場合の更新の権利・特約条項が無効になるケース

 借地権契約の更新時に考えられるトラブルのひとつに更新請求権の問題がある。
 この更新時の問題の多くのケースは地主が更新を望まないが、借主側が更新を望むケースである。
 ここでは更新に関する権利や更新を妨害する特約の有効性について確認する。

(続きを読む…)

旧法借地権の効力はいつまで更新しても有効か?

 旧法借地権契約がなされている借地物件の更新時。
 既に借地借家法が施行されているが、更新の際はどちらの契約条件で更新を行えば良いのだろうか?
 借地権の更新の仕組みについてチェックしよう。

(続きを読む…)

借地権とは?契約の種類と旧法の廃止の歴史

 マイホームの建設を検討している場合や不動産の売買などに数年関わると、必ず一度は借地権と言う言葉を耳にする用になる。
 この借地権に関する法規・取り決めを定める法律が平成になって新しく施行された。
 その法律こそが借地借家法である。
 ここでは借地借家法の登場の歴史についてチェックしておこう。

(続きを読む…)

▽ MENU ▽
  • 借地権とは?契約の種類と旧法の廃止の歴史
  • 旧法借地権の効力はいつまで更新しても有効か?
  • 賃借人がいる場合の更新の権利・特約条項が無効になるケース
  • 借地権更新料の相場は何パーセントくらい?
  • 借地権承諾料を地主に支払う際の金額の相場・目安とは?
  • 旧法借地権と新法借地権の存続期間・年数の解説
  • 事業用借地権とは?急速に普及した事業用借地権の利点・欠点