タイヤ交換費用

持ち込みの工賃と購入した販売店で取り付けまでを行った場合の工賃に違いはあるの?

 タイヤ交換の時期をそろそろ迎えているケース。
 2年ごとの車検の際に一緒に交換するのがちょうど良いタイヤ交換の時期の目安とも言われるが、最近では少しでもタイヤ交換費用を節約するために自分でネットなどでタイヤを購入しタイヤを店舗に持ち込みするケースが圧倒的に増加している。
 しかしここで気になるのは取り付けだけの場合の工賃の相場はどの程度なのか?という点ではないだろうか?
 持ち込みした場合の工賃とオートバックスなどのカーショップでタイヤを購入した場合の取り付け工賃では費用の差は生じるのだろうか?


☆ほぼ100%工賃が異なる

 結論からいきなり言えば、タイヤを他店で購入した場合の取り付け工賃と購入した販売店で取り付けまで合わせて行ってもらった場合のタイヤ交換費用はほぼ100%異なる。

 と言っても、ここで言うほぼ100%という数字は個人的に回った12店舗での話であり母数が圧倒的に少ない点を事前に必ずご了承頂きたい。

 但し、この結果は誰もがある程度想定できていた範囲だろう。

 全国どこの地域であっても持ち込みタイヤの場合の取り付け工賃が販売店で購入した場合の工賃よりも安くなることは考えにくい。

タイヤ交換費用の金額が決まっていない店舗は相手にしない?

 持ち込みでタイヤ交換の取り付けを行って欲しい場合は、必ず数店舗の見積もりを取ることをお勧めする。

 これは店舗によって工賃にかなりばらつきがある為である。

 しかし「持ち込みのタイヤの取付を行っていますか?」と質問した時点で顧客を煙たがるような店舗は相手にしなくても良いだろう。

 このような店舗では電卓をパシパシ叩いてはいるが利益を上乗せすることしか考えていない為か異様に工賃が高くなるケースが多かった。

 一番の理想はしっかり金額表などが掲載してある店舗。

 オートバックスやイエローハットはその点では持ち込みタイヤ交換の顧客にも優しい。

▽ MENU ▽
  • 持ち込みの工賃と購入した販売店で取り付けまでを行った場合の工賃に違いはあるの?
  • タイヤ交換の見積もり金額の総額にはどのような工賃が含まれているのか?
  • タイヤ交換の際に今まで履いていたタイヤを処分してもらう際にかかる古タイヤの廃棄費用は幾ら?
  • タイヤ交換のバランス測定にかかる工賃の相場は幾らくらい?
  • 持ち込みでタイヤ交換を依頼した場合にかかる工賃の総額の相場は幾ら?