KTT-JAPAN

オンライン申請による登録免許税の計算例

 抵当権設定登記の登録免許税の計算方法は課税標準額に規定の税率をかけることで算出される。
 ここでは、課税標準額=債権金額が1500万円のケースと1590万円のケースを事例として、具体的な計算方法を初心者向きに解説しておく。
 また平成年20年1月1日から導入されているオンライン申請による控除が適用となるケースを見てみることにしよう。
 オンライン申請に関しては今回は課税標準額=債権金額が1000万円のケースと1500万円のケースを事例として、具体的な計算方法を確認する。

(続きを読む…)

事業用借地権とは?急速に普及した事業用借地権の利点・欠点

 個人ではなく法人などが借主となる場合は事業用借地権契約という独特の契約形態が存在する。
 事業用借地権契約の場合は、通常の個人間の契約よりも期間が短い点が大きな特徴となる。
 これら様々な条件の中から、貸主、借主双方がベストとなる契約形態を検討することが重要である。

(続きを読む…)

旧法借地権と新法借地権の存続期間・年数の解説

 借地権の契約は一回の契約でいったい何年間契約することになるのだろうか?
 ここでは借地権の契約年数を新法借地権と旧法借地権にわけて確認する。

(続きを読む…)

借地権承諾料を地主に支払う際の金額の相場・目安とは?

 借地権契約を行った後に、契約内容に記載されている内容を変更しなければいけないケース。
 例えば、土地への造作などを行うなどの必要性が出てきた場合は、地主に承諾を受けなければいけない。
 この承諾を得る際に不動産の世界では承諾料という金額が発生する慣習があることをご存知だろうか?

(続きを読む…)

借地権更新料の相場は何パーセントくらい?

 賃貸物件などの契約の場合は、2年契約で更新時には更新料が○ヶ月分かかります。などの記載がなされている。
 例えば、通常の貸家の賃貸契約の場合、更新料は「家賃の1ヶ月程度」というある程度の暗黙の相場が設定されている。
 では、借地権契約の際の更新料の相場はどの程度になっているのだろうか?
 ここでは実際に更新にかかる費用や更新料の相場についてチェックしてみよう。

(続きを読む…)

賃借人がいる場合の更新の権利・特約条項が無効になるケース

 借地権契約の更新時に考えられるトラブルのひとつに更新請求権の問題がある。
 この更新時の問題の多くのケースは地主が更新を望まないが、借主側が更新を望むケースである。
 ここでは更新に関する権利や更新を妨害する特約の有効性について確認する。

(続きを読む…)

旧法借地権の効力はいつまで更新しても有効か?

 旧法借地権契約がなされている借地物件の更新時。
 既に借地借家法が施行されているが、更新の際はどちらの契約条件で更新を行えば良いのだろうか?
 借地権の更新の仕組みについてチェックしよう。

(続きを読む…)

消費電力から1年間・1ヶ月の電気代を計算する方法

 暖房便座の設置をする場合にやはり気になるのが設置後のランニングコスト。
 暖房便座やウォシュレット機能を装備することで当然消費電力は上がり電気代が発生するがいったいどの程度の金額の電気代がかかるのだろうか?
 ここでは消費電力から想定される電気代の相場ラインをチェックしてみよう。

(続きを読む…)

覚えておきたい電気代の節電方法

 暖房便座へ交換した場合にかかる電気代はどの程度かかるのだろうか?
 また電気代の節約のためにできる節電効果の高い方法にはどのような対策方法があるのだろうか?
 実際におこなっている節電方法を元に暖房便座の電気代とともにチェックしてみよう。

(続きを読む…)

暖房便座の相場価格・実際に購入したのはTOTO制

 暖房便座を自分で交換する場合に暖房便座そのものはどこで購入すると良いのか?
 またメーカーが販売している便座の相場価格はいくら位なのか?
 ある程度自分で取り付けなども行うことを想定した場合は最安でいくら程度で交換までできてしまうのうかについて検証。

(続きを読む…)

暖房便座へ交換する前に確認しておくべき2つのポイント

 一般的なトイレの便座を冬が訪れる前に暖房便座へ交換しようと検討しているケース。
 暖房便座への交換を行う際にはいったいどのような費用がかかるのだろうか?
 また取り付けを行うために必要となるトイレの条件などはあるのだろうか?

(続きを読む…)

持ち込みでタイヤ交換を依頼した場合にかかる工賃の総額の相場は幾ら?

 持ち込みでタイヤ交換だけを依頼するのは気が引ける。
 一昔前はそんな目安とも言われるが、最近では少しでもタイヤ交換費用を節約するために自分でネットなどでタイヤを購入しタイヤを店舗に持ち込みするケースが圧倒的に増加している。
 しかしここで気になるのは取り付けだけの場合の工賃の相場はどの程度なのか?という点ではないだろうか?
 持ち込みした場合の工賃とオートバックスなどのカーショップでタイヤを購入した場合の取り付け工賃では費用の差は生じるのだろうか?

(続きを読む…)

タイヤ交換のバランス測定にかかる工賃の相場は幾らくらい?

 タイヤ交換の取り付け工賃にはバランス取りの費用が含まれている。
 タイヤのバランスを計測してもらう際に発生する工賃はいったい幾ら程度の費用がかかるのだろうか?
 ここでもバランス測定にかかる費用の相場についてチェックしてみよう。

(続きを読む…)

タイヤ交換の際に今まで履いていたタイヤを処分してもらう際にかかる古タイヤの廃棄費用は幾ら?

 タイヤ交換を行った際に、今まで履いていたタイヤをそのまま処分してもらいたいと思う方も多いだろう。
 ではこのタイヤの処分費用は1本幾ら程度の処分費用がかかるのだろうか?
 ここでは交換したタイヤの処分費用の相場についてチェックしてみよう。

(続きを読む…)

タイヤ交換の見積もり金額の総額にはどのような工賃が含まれているのか?

 タイヤ交換費用はどの店舗でも簡単に見積もりをしてくれる。
 しかし、私たちユーザーが見積もりした担当者から渡されるのはおそらくタイヤ4本の合計金額である。
 結果的にタイヤ交換の合計金額さえわかれば事は足りるのだが、ここではタイヤ交換費用の見積もりの項目にはいったいどのような項目があるのか?について学習の意味も含めてチェックしてみよう。

(続きを読む…)

持ち込みの工賃と購入した販売店で取り付けまでを行った場合の工賃に違いはあるの?

 タイヤ交換の時期をそろそろ迎えているケース。
 2年ごとの車検の際に一緒に交換するのがちょうど良いタイヤ交換の時期の目安とも言われるが、最近では少しでもタイヤ交換費用を節約するために自分でネットなどでタイヤを購入しタイヤを店舗に持ち込みするケースが圧倒的に増加している。
 しかしここで気になるのは取り付けだけの場合の工賃の相場はどの程度なのか?という点ではないだろうか?
 持ち込みした場合の工賃とオートバックスなどのカーショップでタイヤを購入した場合の取り付け工賃では費用の差は生じるのだろうか?

(続きを読む…)

設定登記・抹消登記の費用負担者は債権者?それとも債務者?

 住宅ローンを組む際の必要経費として発生する抵当権設定登記費用。
 この費用負担者はもちろん債務者である自分となっているはずだが、登記費用の負担者は本当に借りる側が支払うことになっているのだろうか?
 ここでは設定登記から住宅ローン完済後の抹消登記の費用負担についてチェックしておこう。

(続きを読む…)

家屋の軽減措置の適用を受ける場合の必要書類と取得費

 住宅用家屋の軽減税率を適用するための必要書類にはどのようなものがあるだろうか?
 ここでは住宅用家屋証明を取得するために準備すべき書類と取得費についてチェックしておこう。

(続きを読む…)

軽減措置の期限と適用条件及び軽減税率の解説

 不動産の登録免許税の納税に関しては一定条件を満たしている場合、登記費用の軽減措置があるのをご存知だろうか?
 ここでは抵当権設定登記に関わる軽減措置と軽減税率が適用となる条件についてチェックしておこう。

(続きを読む…)

住宅ローンで借入れを行うケース際の抵当権設定登記の計算方法

 いよいよ借入金も決まり住宅ローンを組んで融資を受ける段階。
 抵当権設定登記が行われる際にどのように登記費用が計算されているのか?
 住宅ローンの金額と照らし合わせて計算式を見ながら計算してみよう。

(続きを読む…)


サイトマップ お問い合わせ プライバシーポリシー